熊本城は日本三名城のひとつ!熊本城の歴史は400年

熊本城は日本名三城のひとつ!熊本城の歴史は400年 熊本県熊本市
スポンサーリンク

熊本城

ご縁ちゃんは、日本三名城のひとつの熊本城に行ってきました。
熊本城の周辺に行くと、看板がたくさん出ているので、 看板に添って行くと、たどりつくことができます。お城の駐車場に入っていくところから、名城熊本城の雰囲気が感じられて、 ワクワクしてきますね。

熊本城の歴史

この角度から見る熊本城が美しいよね!

1607年(慶長12年)、肥後熊本藩初代藩主の加藤清正(かとうきよまさ)が7年もの歳月をかけ築城したお城です。

加藤清正は、どんな人?

水は生命の源だからとっても大事だよね!

幼いころから、豊臣秀吉に仕え、天下統一に協力し、熊本の川などを整備する治水工事や、水路などを整備して田んぼなどに水を引く灌漑工事などを整備していきました。

銀杏の樹

大きな銀杏をここから見ると熊本城より大きく見える!?

熊本城の本丸には、大きな銀杏があります。この銀杏の樹は、お城を築く時に加藤清正が手植えされたといわれています。清正は、「この銀杏の樹が天守閣と同じ高さになったときに何か異変が起こるだろう」と予言したと言われています。熊本城は、別名銀杏城(ぎんなんじょう)とも呼ばれています。

清正流(せいしょうりゅう)と呼ばれる石垣

この斜面の石垣、武者返しは助走しても登れそうにないかも・・

熊本城には、上に行くにつれて急傾斜になる石垣になっていて、武者返しと呼ばれています。この傾斜は、敵の侵入を防ぐ効果があり、清正の得意分野でもありました。

闇り通路(くらがりつうろ)

熊本城には闇り通路というものがあり、夏とても涼しそう!

本丸御殿の下にある地下通路は、闇り通路(くらがりつうろ)と呼ばれています。本丸御殿が2つの石垣を跨ぐように建っているため、地下通路ができたようです。 また、昼間でも暗いので、闇り通路(くらがりつうろ)と呼ばれています。国内で大変珍しい通路です。御殿への正式な入り口も地下にあるそうです!

熊本城の利用料金

熊本城の中から見たら街の景色が綺麗に見えるよ!

高校生以上:600円
小・中学生:200円

熊本城の場所

〒860-0002
熊本県熊本市中央区本丸1-1
熊本城総合事務所
TEL:096-352-5900

コメント

タイトルとURLをコピーしました
阿蘇ご縁ナビ